アセンブルパーツ関係
PR

[DAHON ROUTEカスタム]ポジション改良案を実践

みぞお
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

DAHON ROUTE

オリジナルからこだわりのパーツでカスタムをしています

原型を留めていない

パーツ交換しすぎて、オリジナルがほとんど残っていません

DAHON ROUTE 2013を改造した結果を公開します
DAHON ROUTE 2013を改造した結果を公開します

乗り心地

走りは快適で良くなっているのですが、ポジションには不満がありました

ステム

ロードバイクなどと違って、ステムがなくハンドル直結なのが、コントロールを悪くしていて、振動も直接伝わってくるので、ステムの重要性を感じていました

折り畳み

ステムがないのは、折りたたんだ時のコンパクトを維持するためには仕方がない

走り優先

このダホンを、普段の足に使っているので、輪行は犠牲にしても、乗り心地を良くすることを目指します

カスタム

ステムを取り付けます

ステム追加考察

ロードバイクのように、フロントフォークのコラム先に取り付けるものは不可能

エクステンダー

ハンドル回りにサイクルコンピューターなどを余裕をもって取り付けるようなパーツを応用できないか?

ユピテル「ATLAS ASG-CM12」は今も使えるか?
ユピテル「ATLAS ASG-CM12」は今も使えるか?

発見

ネットを検索すると良さそうなものが見つかりました

ネット購入

Amazonで商品を購入しました

このブログを書いているときに、銀色を見つける!

こっちにすればよかった

発注後

中国から直送される商品のようで、2週間くらい到着まで待ちました

検証

サイズ表記がなく、本当に取り付けられるのか不安でしたが、大丈夫そうです

ハンドル径

取り付けられるハンドル径は、25.4mmで一昔前のドロップやフラットバーハンドルの規格です

取付

現在使っているハンドルに、ステムを追加します

ハンドルを外す

ハンドルを外して、取り付け径が25.4mmであることを確認しました

エクステンダーステム取付

ハンドルと入れ替えて、購入したステムを取り付けます

いい感じ

ハンドル取付

先ほど外したハンドルを取り付けます

ひと手間

購入したステムは、ハンドルを通すしかないので、片側だけブレーキなどを取り外しました

ブレーキを戻す

ハンドルをセットしてから、ブレーキなどを元の位置に戻しました

問題発生

ハンドルを固定するためのクイックレバーが、正面の位置だと当たってしまい、締め付けられません

ステムを少し下向きに取り付けたら、解決できました

完成

エクステンダーステムの取り付けは完了です

取り付けていたものを戻しました

レビュー

交換したので、走行テストを行いました

ハンドルを少し下げることが出来たので、ポジションが大幅に変更されました

旋回性能

とてもクイックだったハンドリングが、想像以上に改善しました

振動

ハンドルに直接振動が伝わってこなくなったみたいで、手の痛みが起こりにくくなりました

実は

この後、別のカスタムを行うのですが、その時に理由が判明しました

結果良し

エクステンダーステムを取り付けたことで、乗り心地が改善しました

輪行

この状態では、ハンドルを外さないと輪行ができなくなりました

要改善

輪行ができないのは、折りたたみミニベロを否定することになるので、なにか対策を考えます

カスタム

今回の作業は、次に計画している作業の前段階でしたが、簡単に乗り心地が改善するので、オススメのカスタムでした

スポンサーリンク

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT ME
みぞお
みぞお
おっさんサイクリスト
自転車趣味歴だけは長いサイクリスト。レースは観戦するもので、自転車旅を楽しんでいます。西日本を中心に活動しています。
スポンサーリンク
記事URLをコピーしました